R18警告

  1. ホーム
  2. 特集
  3. 古川いおり AV Debut

古川いおり AV Debut

古川いおり AV Debut
古川いおり AV Debut

パッケージ写真は、古川いおりがレモンを持ったもので、「ザテレビジョン」(角川マガジンズ)の表紙を思わせるものがあります(最近の「ザテレビジョン」の表紙はどうなっているのでしょうか)。これは中々良さそうな雰囲気のある女優ですね。「アナウンス学校でナレーションを学」んだらしいのですが、「現在は役者を目指す絶世の美少女」。「絶世」というより、親しみやすさを感じる美少女で、ついつい手に取ってみたくなる笑顔のパッケージ写真です。こういう美少女が、どんなセックスをするのでしょうか。なにやら「ビンカンな体」らしいのですが……。

出演:古川いおり
監督:西中島南方
品番:STAR-380
時間:135分
(SODクリエイト/2012年11月8日発売)

メニューごとのプレイリスト

メニューごとのプレイ内容の一覧です。ほぼ時系列に並べています。Good Job 画像(Good Job)は見所です。
メニューのタイトルをクリックすると、キャプチャー画像が開きます。

インタビュー+初脱ぎ イメージ(朗読)→椅子に座ってインタビュー→イメージ(朗読)→インタビュー→イメージ→インタビュー→イメージ(朗読)→インタビュー→後ろを向いてワンピースを脱ぐ→キャミを脱ぐ→ブラとパンツの下着姿で正面を向く→後ろを向いてブラとパンツを脱ぐ→全裸で正面を向く→全裸のままインタビュー→お尻のアップ→全裸イメージ
カメラの前で初めてのフェラチオ ソファーに座りチンポについてインタビュー→イメージ→フェラについてインタビュー→パンツ越しの勃起チンポを横にインタビュー→パンツを脱がし勃起チンポを直視→おずおずとチンポを握って感想→手コキ→亀頭を咥えてフェラ→亀頭舐め→玉舐め→竿舐め→口だけでピストン→頬に顔射→感想
カメラの前で初めてのSEX イメージ→ベッドに座りインタビュー→AV男優吉村卓とあいさつ→正座したまま談笑→正座したまま抱き合う→ベロキス→服の上からオッパイ揉み→腋の下舐め→ベロキス→ブラを脱がし乳首舐め→開脚するとパンツにシミ→内股舐め→パンツを脱がされシミを見せられる→マンコ開脚→マンコ糸引き→マングリでクリ責め→クンニ→ベロキス→手コキ→フェラ→ベロキス→スカートを脱がされ全裸正常位でチンポ挿入→手マン潮吹き→騎乗位→正常位→胸射→感想
初めての電マSEX イメージ→ソファーに座り大人のおもちゃについてインダビュー→AV男優南佳也が電マを持って登場→電マで肩や首をマッサージ→服の上から電マで乳首刺激→服を捲くり上げて乳首直刺激→パンツの上からクリ刺激→パンツにシミ→パンツを脱がされクリを直刺激→電マ+手マン責め→手マン潮吹き→電マクリ責め→フェラ→正常位でチンポ挿入→チンポに白濁マン汁→騎乗位→背面騎乗位→正常位→正常位+電マクリ責め→正常位→口元顔射
古川いおり、理想のSEX イメージ(朗読)→セーラー服でベッドに腰掛けインタビュー→イメージ→インタビュー→AV男優小田切ジュンとベッドに腰掛け談笑→ベロキス→上衣を脱がされ耳や首筋舐め→キス→ブラをずらされ乳首刺激→乳首舐め→パンツの上からクリ刺激→パンツにシミ→全裸にされクンニ→マンコから糸引き→パンツを脱がしフェラ→玉舐め+手コキ→シックスナイン→正常位でチンポ挿入→屈曲位でマン汁ダラダラ→背面騎乗位→後背位→正常位→舌射→お掃除フェラ

総合評価

古川いおりは、SODクリエイトが言うとおり、「清楚」なイメージですね。元々育ちが良いのか、それとも緊張ゆえなのか、どちらもなのか、「カメラの前で初めてのSEX」で吉村卓と対面した時、古川は正座しなおして、「古川いおりと申します」とペコリ。演出ではなさそうで、吉村も言っていたように、礼儀正しいところも見せてくれます。吉村の方が、「初めての娘って僕ってなかなかする機会がなくて」と緊張しているようなのが笑えます。後のメニューで、南佳也や小田切ジュンが出演していますが、普通は南か小田切を初エッチに当てるところですから、吉村のとまどいも当然かもしれません。古川はオッパイこそありませんが、それを補って余りあるのが感度の良さ。前戯でパンツにシミを作るし、南と小田切とのセックスではマン汁もダラダラです。ブログのスッピンぽい写真もとてもきれい。エッチとのギャップ感が楽しめる女優ですね。性技はまだまだですが、第2弾「古川いおり わたし、死ぬほどセックスが好きです・・・」(2012年12月6日発売予定)も期待できそうです。

古川いおりデータ

1992年9月25日生
155/83/58/88cm
古川いおり公式ブログ

  1. ホーム
  2. 特集
  3. 古川いおり AV Debut

大文字書ロゴマーク

上は「大文字書店 下鴨本店」のロゴマーク。看板や店内のあちらこちらで見かけることになると思いますので、かわがってやってください。スタッフは、「大ちゃん」「大くん」「大文字ちゃん」「大文字くん」と、いろいろな名前で呼んでいます。男か女かもわかりません。読書好きなことは確かです。

Dymong R18 Blog

Dymong R18 on Twitter

小島みなみサイン会バナー

葵つかさサイン会バナー

朝日奈あかりサイン会バナー

雨の日キャンペーンキャンペーンバナー

ソフト・オン・デマンド10%OFFキャンペーンバナー

GIGA10%OFFキャンペーンバナー

ネクストキャンペーンバナー

麻美ゆまサイン会

このページのトップへ